ASD娘と暮らす。

自閉症スペクトラム(ASD)+知的障害の娘と夫、私の3人暮らし🏠

自閉症と分かるまで②

 

発語は劇的に増える事はありませんでした。

ただ、ハーイ!とお返事したり、バイバイ、バンザイ、おいしい、こんにちはの動作や簡単な模倣動作はあったので、少し気になりながらも成長の範囲内と思っていました。

 

 

そして運命の1歳6ヶ月検診👶

積み木や指差しなどテストはほぼ何も出来ずでした。

そこは指摘されることもなく、身体の成長も問題はありませんでした。

 

が、やっぱり発語の数。

他のお子さんは10個以上お喋りできる子ばっかり。うちの子は、「わんわん」「ブーブー」「マンマ」だけでした。

 

年配の女性医師との診察で、この子は何も分かっていない。宇宙にいるようなもんなんだから幼児教室なんて今すぐ辞めてきなさい。お母さんとの一対一の関わりが大事!とズバッと言われ、本当に心がポキッと折れ、それと同時になんてこと言うの!と怒りで沸々していた記憶が蘇ります😭💔

 

この後、臨床心理士や栄養士との面談があったのですが、この医師の言葉でズタボロになり以後の記憶はほぼありません。

 

今思えば、この診察してくれた医師、キツい言い方だったけど本当に診る目がある人だったんだなぁと思います。

 

 

→次回へ