ASD娘と暮らす。

自閉症スペクトラム(ASD)+知的障害の娘と夫、私の3人暮らし🏠

自閉症と分かるまで④

やばい・・・。

入園しても本当にやっていけるの?

焦っている頃、ちょうど発達センターでの診察の順番がまわってきました。

(診察の少し前に発達検査は受けていました。)

 

ドキドキしながら、娘と主人と一緒に診察へ行きました。

発達検査は全領域DQ69。自閉症スペクトラムでしょうと。

ひとつひとつ私たちの理解を確認しながらも、淡々と説明して下さったので落ち着いて聞く事ができました。

ショックが全く無かったとは言えませんが、この時は腑に落ちたというか…あぁやっぱりなという気持ちでした。

 

幼稚園に行けるかどうか悩んでいる事を医師へ話すと、加配の先生を付ければ行けない事はないと苦笑いで困ったように返答された。

療育園や児童発達支援のデイサービスというのがあるという事もその時教えて頂いた。

 

帰宅後は頭が興奮していて、入園予定の幼稚園へすぐ電話しました。

自閉症の診断がついたので加配の先生はつけて頂けるかなど・・・もうこの時点で8割行かせる気は無くなっていたのですが。

園長先生は人手が足りない、私立なので難しいとこちらから入園辞退すると言わせるように少し強めの口調で話されました。もちろん入園は辞退しました。

電話を切ったと同時に次は他にどこか娘が行けそうな所を頂いた資料とスマホを交互に睨めっこしながら探しました。

 

療育園というのは幼稚園のように朝預けてお昼過ぎにお迎え。しかもありがたい事に送迎付き。

デイサービスは就学前の子どもは小学生が帰ってくるお昼前までの1~2時間程度。集団もあれば親子で個別に参加する所など様々でした。

 

娘が居なければ全く知らなかった事です。

世の中にはありがたいサービスが沢山あるんだなぁと実感しました。

 

 

 

→"自閉症と分かるまで"のシリーズは一旦ここで終わりです。次回からは療育の事など書こうと思っています😌

お読み頂き、ありがとうございます❤️